よくある質問

よくある質問をまとめました

ご不明点はお気軽にお尋ねください!
クリーニングのプロがお応えします♪

クリーニング前に注意しておくことはありますか?

ポケットの中にカードや現金など大事なものが入っていないかご確認ください。
また、服を購入した際クリーニングについての注意事項をお聞きでしたら、その旨をお知らせください。

クリーニングできないものってあるの?

当店でクリーニングができるのは、ドライクリーニングもしくは水洗いクリーニングが可能とされている衣類です。
装飾が多い衣類や、ダメージ加工が強い衣類など、状態によって特殊クリーニングが必要になる場合もございます。

落ちにくい汚れはどんなものですか?一度見ていただけますか?

汗、お茶、果汁などの水溶性の汚れは水洗いの方が落ちやすく、食用油などの油性の汚れはドライクリーニング専用溶剤できれいになります。
水洗いで取れるシミがついた服が水洗いできない場合などは、汚れが取りにくくなります。
また、シミがついてから時間が経つと取れにくくなる場合がございます。
お持ちいただければ、取れるかどうか確認させていただきます。

ドライクリーニングと水洗いの違いは?

水洗いはその名の通り水を使って衣類をクリーニングする方法であるのに対し、ドライクリーニングは水を使わずに衣類をクリーニングする方法です。ドライクリーニングでは、石油等を原料とした「有機溶剤」というものを使って汚れを落とします。型崩れを防いだり、油性の汚れやシミに高い効果を発揮します。水洗いはドライクリーニングで落ちにくい水溶性の汚れを落とすのに効果的です。

クリーニング店に出した時のビニールの袋はつけたまま収納してOK?

ビニールカバーの内部は換気されないため、ビニールカバーをつけっぱなしで保管することは、洋服のカビや黄ばみの原因になります。また、クリーニング後の衣類に湿気が残っていることがあるため、家に持ち帰ったらビニールカバーを外して、1〜2時間程度陰干ししてからクローゼットなどに収納してください。

預けたその日に仕上げていただけますか?

即日仕上げ可能な「スピードクリーニングサービス」があり、3時間仕上げ、4時間仕上げも可能です。お品物によりご利用いただけない場合がございますので、ご相談ください。

布団や毛布、羽毛布団のクリーニングはできますか?

布団や毛布、羽毛布団の丸洗い(水洗い)も承っております。ダニ・アレルゲンの除去や汚れを落とすためにも、半年~1年に1度の丸洗いをおすすめしています。

着物のクリーニングはできますか

高度な技術が必要な着物のクリーニングやシミ抜きも可能です。安心しておまかせください。